【外国人出会い】片言しか話せない私でもこうやって外国人と友達になった

昔から英語に苦手意識があり、英語が話せないことにコンプレックスを持っていました。これじゃいけないと思い英会話教室に入会するも、全く話せないので楽しいと感じることができず、すぐ退会することに・・・。

ある日、偶然外国人の友達ができたのです。その時にわかったことが、「英語をやらなきゃいけない」と思うから苦痛に感じるのだということ。

「仲良くなった友人が、たまたま外国人だった」。それだけで、無理なく楽しく英語を身につけられます。また、友人になった相手ともっとコミュニケーションを取りたいからスキルアップを目指そうと思うようになります。

今では何十人と外国人の友達がいますが、私が外国人と友達になったきっかけを3点お伝えします。

外国人との出会いが作れるアプリを利用する

外国人と出会いが作れると評判のアプリを使うのが、外国人の友達や恋人を作るのに一番簡単です!
それはこちらのサイトで紹介しています。

→ 外国人出会いアプリ.com

洋楽が流れるクラブやライブハウスに行く

はじめての外国人の友達と出会ったのは、音楽イベントでした。洋楽のイベントは外国人が必ずいます。

また、ドームなどの大きな会場ではなく、小さな会場が狙い目。少なすぎると外国人がいない可能性があるため、収容人数2?300人ほどの会場が良いです。

趣味が同じ人が集まるため、アルコール片手に話しかけやすいです。またその場限りの会話でなく、趣味について語りあえるので、深く仲良くなりやすいです。

pen palサイトに登録

外国人を目の前にすると言葉が出ず、コミュニケーションに固まってしまいますが、辞書片手だとなんとかなります。pen palのサイトに登録し、外国人の文通相手を探しました。趣味や年齢など共通項が多い人の方が続きます。誕生日に、日本のお土産や食べ物などを贈ると喜ばれます。実際、自分の時にも、日本では手に入らない食べ物を贈ってくれました。日本にいるのに海外気分を味わえ、勉強にもなり非常に楽しいです。自分の世界が拡がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする